メニエール病/名医

名医メニエール病
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

メニエール病(メニエールびょう)は、一般的にめまいと相まって、耳の聞こえにくい状態と耳鳴りが重なる症状のものを言う。

フランス人の医師でプロスペル・メニエールが初めて提唱したのでこの名前がついている。「メニエル病」「メヌエル病」「メニエル氏病」とも。

厚生労働省の特定疾患に指定されている難病である。

病態
内リンパ水腫による三半規管と蝸牛の障害により、めまいと耳鳴りや難聴などの発作を繰り返す。

激しいめまいの反復が特徴であり、一側性の難聴・耳鳴りと発作的めまいが三主徴症状である。めまいは発作的、突発的で回転性のめまいがおこる。

中枢神経症状が一切見られず、かつ原因が分かるめまいや難聴を主訴とする疾患が除外できるものがこの病気に相当する。

症状
難聴(特に低音域が障害される)
耳鳴り
めまい(主に回転性;vertigo、持続性)
吐き気
嘔吐
初期はめまいの発作時に耳の閉塞感や圧迫感など耳が詰まったような感じを受けるが、めまいを繰り返すうちに耳鳴りや難聴を伴うようになり、次第に発作時以外にも症状が残るようになる。



6⇒5hdwindowswebhosting.com 6⇒5営業 支援 seo チラシ 6⇒5ミュージック ダウンロード 6⇒5childwelfarekerala 6激安コンタクトレンズ 6ペリセア情報使い方 4安い水着通販jackbstr.com 4激安中古パソコン通販口コミ比較 6中国北京市観光 6⇒5http://www.idds.org/